あなたの理想のマイホームはどんな家?理想の家探しお手伝いします!

こんにちは、無垢スタイル建築設計 ムクエステートの山下です。

11月にさしかかり今年も残すところあとわずかとなって参りました。

2019年には増税も控えており「住宅購入」をお考えの方には今が一番お得にマイホームを購入する事ができるのではないでしょうか?

本日はマイホームを購入されている方についてアドバイスさせていただければと思います。

皆「マイホームを買いたい」と思うタイミングはがございます。結婚、出産、子どもの入学・進学など、それぞれの家族の夢を実現するためにマイホームを購入します。賃貸物件よりも選択肢が多いほか、買ったほうが広くてグレードが高い場合がほとんどです。
また、自分の資産としてマイホームを持つことで、老後の生活不安も軽減されるでしょう。

賃貸物件のように周囲へ気兼ねしながら暮らすこともなく、マイホーム購入によって「子育てのストレスが減った」というご家庭の声もよく耳にします。

しかし、自分たち家族にとってどの物件が良いのか、しっかりと選択することが重要です。まずはどのような選択肢があるのかを知り、その中で優先したい条件を整理してみることが重要です。

 

物件購入にはさまざまなパターンがあります

・新築一戸建て住宅(建売住宅)を買う
・築浅の中古一戸建て住宅を買う(必要に応じてリフォームをする)
・少し古い中古一戸建て住宅を買ってリフォームする
・古い中古一戸建て住宅を買って大幅なリフォームやリノベーションをする
・土地を買って注文住宅を建てる
・建築条件付きの土地を買って住宅を建てる
・新築マンションを買う
・中古マンションを買ってリフォームする

等どれが適しているかは人によって異なりますよね。
物件探しの最初にどれか一つに決めてしまわずに、それぞれの特長を営業マンに確認し、アドバイスを受けながら絞り込んでいく事をお勧め致します。

 

物件探しを始める前に整理しておきたい「自分や家族が望む条件」

・希望の立地、沿線
・建物の広さ
・間取り(部屋数)の必要最低数
・駐車場の有無
・(一戸建て住宅の場合)庭の広さ
・(マンションの場合)ペットの飼育
・(とくにマンションの場合)どうしても必要な設備(後付けできないもの)等

上記のような項目を思いつくままに書き出すこともお勧めです。

しかし、書き出した条件をすべて満たす物件はこの世になかなか存在しません。
マイホームを選ぶときには、妥協しなければならない条件もいくつか出てくる事でしょう。
そこで、それぞれの条件に優先順位をつけることが大切です。

また、物件探しを進めていくうちに「◯◯沿線が希望だったけど、△△沿線もいいな」などと考えが変わることもあります。
希望の条件は臨機応変に見直す事も重要です。

 

資金計画をどう考えますか?

資金計画では、売買契約のときに必要な自己資金、購入に伴う諸費用、住宅ローンの毎月の返済額に意識が向きがちです。
しかし、それと同時によく考えておきたいのは「購入後にかかる費用」です。
マイホームを購入した後は住宅ローンの返済だけでなく、「毎年の固定資産税」や「都市計画税」、「火災保険料」や「地震保険料」があります。
マンションの場合は「毎月の管理費」や「修繕積立金」、人によっては「駐車場代」などがかかります。
一戸建て住宅の場合は「定期的な建物修繕に備えた費用」などの自主的な積み立てを考えておく必要がございます。

上記の費用と住宅ローンの返済を合わせて、毎月あるいは毎年、いくらまでなら負担できるのかを、あらかじめ営業マンと相談しておく必要があります。
もしくは資金計画セミナー等弊社でも行っているイベントに参加いただく事で適切な資金計画を立てることができます。
理解しておきたいのは「どのような物件を選ぶのか」によって購入後の費用が異なること。
同じ売買価格の物件でも、一戸建て住宅とマンションではその後の負担に大きな違いが出る場合があるのです。

実際にどれくらいの費用がかかるのかは物件によっても違うため、営業担当者からしっかりとアドバイスを受けることが重要です。
それを見比べながら一戸建て住宅かマンションか、新築か中古か、などの条件を絞り込んでいくと良いと思います。

 

住宅税制はその年の新しい情報を確認

マイホームの購入にあたっては、「住宅ローン控除」をはじめとしてさまざまな優遇税制や、親などからの資金援助に対する非課税措置などが設けられています。
しかし、これらの適用要件や非課税枠などが毎年の税制改正で見直されることもあるため、購入する年の税制内容をよく確認する必要がございます。
また、それぞれの税制における適用要件などが分かりづらいケースもあるため、詳しい内容については営業マンに相談すると安心できますよね。

 

物件よりも先に、信頼できる営業マンを探すことが失敗しないコツ

自分で物件の種類を決めて「◯◯駅徒歩◯分以内、価格◯◯万円以下」という条件で物件検索をすることも、どのような物件があるのかを知るためには役立ちます。しかし、その条件設定が正しい選択なのかどうかは分かりません。
物件の種類、資金計画、税制などについて営業担当者のアドバイスを受けることによって、希望する条件が変わることもあります。
アドバイスを受け、少し視点を変えて探してみることで、より良い物件に巡り合うことも多々ございます。
あれこれと物件を探し回る前に、まずは信頼できる営業マンを見つけて、しっかりとしたアドバイスを受けながら物件選びをすることが成功への近道になります。
インターネットが主流になってから物件情報はどこの不動産会社でもほぼ一元化されております。
大手でなければ紹介できない等ということもございません。

ムクエステートでは物件探しのサービス【物件探しコンシェルジュ】を行っております。

あなたのこだわりや理想をお聞かせ下さい。ムクエステートのスタッフがあなたに変わって煩わしい物件探しを行い、理想の物件を探しだし、適切な物件をご提案させていただきます。

This entry was posted in ムクエステートスタッフブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.