後悔しないための家を買う動機

こんにちは、

無垢スタイル建築設計 ムクエステートの山下です。

あと残り2日で、もう9月です。
マイホーム購入をご検討されている方は、進んでいますでしょうか?

自分に合う物件の探し方やお金の事等、そしてどんな手続きをすればいいのかわからないことが多くて、不安がいっぱい…なんて方、多いのではないでしょうか。

買ってから後悔しないために

一生で一番大きな買い物は住まいかと思われます。

その為、買った後になって「こうすれば良かった」なんて、後悔はしたくないですよね。

そこでやっておきたいのが、「なぜマイホームを持ちたいのか」、その動機をしっかり固めておく事が重要です。

これを確認せずに物件探しを始めると、買ってから後悔してしまいます!

そして、住まい探しでは、たくさんの物件を見る中で、つい「あれもこれも」と魅力的な物件をいくつも見てしまいがちです。

そうなると目移りしてしまって、自分や家族にとってどんな家が必要なのか、わからなくなってしまう方が多いです。

例えば、最初は「子供たちに自然を触れさせながらゆったり暮らしたい」と考えていたのに、いくつもいくつも見るうちに、交通のよさや買物施設があることにひかれて、都心にほど近いマンションを買ってしまう、なんてこともあります。

そして、住んでから「やっぱり緑の多い所がよかった」と、後悔する事になってしまうのです。

快適な住まいを選ぶためには、「動機の確認」が重要なのです。

みんなはどんな動機で購入しているの?

それでは、実際にマイホームを買った人たちは、どんな動機を持っていたと思いますか?

アンケートでもっとも多いのが、「家賃がもったいない」、「子供が生まれてもっと広い家が必要になった」、「安心感や満足感が持てる」「持ち家は財産になる」といった理由で購入を考える方が多いです。

本当に「今」必要ですか?

動機の確認とともに、忘れてはいけない大切な事は「なぜ今なのか」ということです。

例えば、「家族が増えるから」「親と一緒に暮らすことになったから」などという理由であれば、すぐにでも広い家が必要かもしれません。

物件の市場価格やローン金利などは、そのときどきの経済情勢や社会情勢などによっても変わります。

また、ある程度頭金をためてから購入するなど、タイミングを計算すれば、より安心でローン負担の小さい買い方ができることもあります。

このように、「なぜ買うのか」「どうして今なのか」をきちんと考えることは、後々「いい買い物をした」という満足感につながると思います。

土地探しのための情報収集の方法とおさえておくべきポイント

This entry was posted in ムクエステートスタッフブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.