住宅ローン返済中に災害にあったら〜『被災ローン減免制度』〜

こんにちは!
無垢スタイルの不動産『ムクエステート』の猪俣です。

東日本大震災から、10年が経ちました。
10年経てば、変わっていることもたくさんあります。

そこで、、、
今回はこんな話題。
住宅ローン返済中に災害にあったら返済はどうなる?!

怖いですね。。
そんな事態にはなりたくありません。。。

結論から言いますと、返済義務はなくなりません。

お金を借りている状態なので、
それはそうだな・・・という感じもします。

ですが、被災したことで、今まで通りの返済が難しい場合は
どうしたらよいのでしょうか。

そんな方を救済するこんな制度があります。

「被災ローン減免制度」
ご存じですか?

どういう制度かというと
生活を再建しやすいよう、借入先の金融機関の同意の上で
破産などによらずに、債務整理(ローン債務の減免)ができる
制度のことです!
※ただし一定の要件に該当すること

債務整理と聞くとちょっと怖くなりますが
自己破産と違って、信用情報に傷はつきません。

この制度は住宅ローンのほか、
自動車ローンも適用対象になります。

ただし、「災害救助法」が適用された自然災害が条件です!

この制度は、使うことなく過ごせるのが理想ではありますが・・・
地震だけでなく、水害などいつ災害に遭うか分からないので、
知識として頭の片隅に残しておきましょう
※先日の足利の山火事も、災害救助法が適用されました

▼制度の詳細はこちら
自然災害債務整理ガイドライン(政府広報)

「でも、火災保険入ってるし大丈夫!」と思うのは危険です!

火災保険だけでは、地震による倒壊などの損害の補償はありません!
(地震による火災も補償されません)

地震による倒壊や火災は、地震保険が対象になります。
そして火災保険や地震保険で損害額すべては補填できません。

しかし、住宅ローンの特約として「自然災害補償」があったりしますので、
金融機関に確認してみてください。

10年前のあの日から、
災害に対して法律もいろいろと追加や変更がされてきました。
住宅ローンや火災保険など、
内容を見直す良い機会かもしれませんね。

詳しくお知りになりたい方はムクエステートまで。
お気軽にお問い合わせください。

This entry was posted in ムクエステートスタッフブログ, 住宅ローンにまつわる話 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.