不動産売却における一般媒介契約の罠

こんにちは、

無垢スタイル建築設計 ムクエステートの山下です!

資産売却を考える方が増えてくる時期に突入いたしました。

お家を購入する人もいればお家を手放す人もおります。

増税も控えているこの時期、思った以上の金額で売買が成立する事を最近よく見かけます。

今回は「資産を売却」する方向けに「媒介契約について」ご説明してまいります。

媒介契約の種類は3種類ございます。

今回はその中の一つである「一般媒介契約」についてご説明いたします。

一般媒介契約の特徴は

☐複数の不動産業者に販売の依頼が出来る
☐自ら発見した買主と個人契約が可能
☐依頼業者を競争させる

の3つです。

良くこんな声を耳にするのですが、

「たくさんの業者に依頼したほうが間口が広がりすぐに契約できるのではないか」

これは実は罠なのです・・・

複数の業者に依頼することで、確かに何社かの業者には情報は届きますが、実は、手広く販売できているようでできていないのが現状です。

業者が使用する物件検索サイトの「レインズ」登録の義務がなく何社にも預けると情報が被ってしまう為、登録しない業者ばかりです。

レインズに掲載すると一般媒介とわかってしまい業者が直接訪問しさらに「ライバル」が増え不動産会社の収入源である仲介手数料が得られない為、掲載しない会社がほとんどです。

不動産業者としては競合がいる上にさらにライバルが増えるのは嫌なのです。

ご存知の通り不動産業者は手数料商売です。

売却をする為には、お客様から反響を得なければなりません。

その為には、お金をかけ広告・宣伝する必要がございます。

一般媒介契約の場合、必ず仲介手数料が収入源になるわけではないので広告が制限されてしまいます。

一方でネットの物件検索ページには同じように広告されますので見栄えしなく、よくお客様から頂く声は、

「こちらの物件は売り急いでいますか?」

「大幅価格交渉はできますか?」

「良く目につく物件」

「なのに売れていない物件」

「問題物件・不人気物件なのですか?」

というような形で、勝手に判断されてしまいます。

早期売却に必要な希少価値が感じられなくなってしまうといくら「良い物件」でも売れ行きが悪くなってしまいます。

また、業者間では互いに動きをけん制しながら動くため、成約に至るための提案や値引き交渉をしません。

なぜなら自分のところで値下げの提案を行った結果、値下げした金額にて他社で決まってしまっては、結果的に他社をアシストした結果になり、うかつに積極的な行動もとれないのです。

したがって、費用がかかる積極的な販売活動や手間のかかる売却活動を控える傾向にあります。

上記理由より一般媒介契約はお勧めできません。

弊社、無垢スタイル建築設計ムクエステートは、さいたま市を中心に新築・リフォーム・不動産と三位一体にて住まいの問題解決業を行っております。

不動産事業部においては売却時6つの分厚いサポート体制にて売主様のご資産をより多く残せるようスタッフ一同ご提案させていただいております。

下記までお気軽にご相談くださいませ。

▼不動産売却のことなら『ムクエステート』
http://www.muku-estate.jp/wp/?page_id=2112

This entry was posted in ムクエステートスタッフブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.